立法は破棄して立法をまっとうしよう




都会のビルの工事現場でボルトが1本落ちました


真下で工事中だった人の頭にあたって大怪我になりました


危険なので“工事中はヘルメットをかぶる”ことになりました


kamiに書いた規則の誕生です






田んぼのド真ん中 炎天下で舗装工事の真っ最中 体感温度まさに50℃


工事中なのでヘルメットをかぶってます


熱中症で倒れる青年


うだって嘔吐するオジサン


でも


現場監督が言います


「ヘルメットは脱がないで下さい」


「田んぼの真ん中やで、鳥のフンぐらいしか落ちてくるモンないやないか」


「規則できまってますから」


「熱くて死んでしまうわ」


「労災がおりないと困ります」


「労災おりる前に熱中症で死んでまうわ」


「ヘルメットかぶって死んだら安全基準をクリアーできるので労災がおります」


「死んだらワヤやぁー」


ホンマ


「笑わしおんなぁ」




“工事中はヘルメットをかぶる”の第一義〈命を守る為〉のはずだったのに


〈命を守る為〉のkamiに書いた規則が人の命を奪う


だから


kamiに書いた規則〓立法




勇気を持って破棄しよう


そして


考えることを怠けず


第一義〈命を守る為〉〓立法




思いをはせてまっとうしよう


第一義にはKOKOROがあるんだぞ



*Sorry, this page is Japanese only.



*無断転載禁止 Copyright (C) 2003-2008 EMAE Aki All Rights Reserved.